スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都知事も決まったね

A「復興都市計画にしても原発の事故にしても、まずどこがゴールかということを示さないからわけわからないんだよな。」
B「官僚がやるとそうなるんですよね。昔の官僚はどうだったか知らないけど、結果的にビッグピクチャーを示すことは官僚にはできない。」
C「結局彼らは毎日毎日のパッチワークだとか、短期的な話ばかりやるし、メディア、特に大手メディアは幼稚園児のサッカーみたいなもんで、ボールの行っているところしか報道しない。」
B「まずゴールを示す。で、マイルストンとして今はここだと。そういう説明しないとわけわからないよね。」
C「戦後の混乱期と同じ事をすればいいと思っているからタチが悪いのかもね。」
A「日本はできる、日本人は強いとか一致団結とか立ち上がれニッポンとか政党名みたいなスローガンじゃなくて、どうしたいのよ。と。」
C「そういう意味では局地戦ばかりだった戦争中と何も変わってないんじゃないの?」
A「まあ、だからこそ政治家がビッグピクチャーを示さなければいけないんだが。」
B「しかし、自民が単独で与党だったとしてもどうだったか。」
A「歴史にIFはないから、どうしようもない話なんだけどね。でも自民が単独でも結果的にはほとんど変わらなかったと思うよ。」
C「IFなんてこと言い出したら、じゃあ安倍内閣の末期、なんだかわけわからない状態の中、突然お腹痛いって入院したんでしょ。国のトップがある意味空白だったってことを忘れている人が多いかもしれないけど、あれなんか大変なことだよ。IFというのであればあの時震災があったらどうなっていた?というか小泉以降の自民政権だったら当時の与党内がグチャグチャだったし、官僚に結局従うだけでしょう。そういう意味ではそんなに変わらないんだよ。」
A「少なくともメディアや野党は与党、特に政府が何かをするとそれに対しカウンターで批判をするようにできているわけだ。基準があるわけじゃないんだよ。Aという行為をしたらBという立場から批判しBという行為をしたらAという立場から批判するだけのことなんだな。つまり、自分はAでもBでも都合の良い立場になるだけなんだよね。だから自民が与党だったとしてもこんなことしてやがる、とかそうなるに決まっている。」
C「うん、だから今の政府を擁護するつもりはないんだよ。この体たらくはひどいんだけど、ネット上だとミンスだとかいう言葉を使ってわけわからない揚げ足取りをするんではなくて、きちっとした批判が重要なんだよね。」
A「政治的立場というのは誰しもあるんだろうからそれはそれでいいんだけど、国難ですからね。揚げ足取りをしてレッテルを貼って終わりって言うのはあまりに寂しい。」
B「ということで、まず復興計画にしてもどういうことを考え、それをいつまでに実現させるのかということを謳うべきだろうね。」
A「もちろんそれには賛否もあるだろうけどね。多分に大手メディアはその時は否の立場にたって突然。割を食っちゃう人へのインタビューを垂れ流すんだろうけど。」
B「で、原発事故もそうなんだけどね。」
C「これはこれであえて出していないという気もするんだけどね。所詮スリーマイルやチェルノブイリにしても収束した後もかなりの時間っていうか年月をかけているじゃないですか。そんなこと実はわかってても言えないんじゃないのということだな。」
A「そこが作為的だよな。」
C「そう、あえて言わないようにしているとしか思えない。だから屋内退避がこんなに長い間続いたんだろう。ある意味これは作為的な犯罪行為近いよ。」
B「理想はどうしたらいいのか。」
C「そりゃ、半径何キロにするかは議論があるだろうけど30キロ圏内は今後1万年は住めなくなりますというような形で強制的に避難させるしかないんじゃないのかね。」
B「事故自体は?」
C「4基もこうなっちゃった例は世界的にもないわけで、スリーマイルと同じだ、チェルノブイリより下だとか そんな危険度の定義はどうでもよく、まず冷やすのに数年かかりますって言うべきでしょう。数週間で戻れるって思わせることが罪なんだよ。」
B「風評は?」
C「風評でもなんでもないからね。現に今まで付いていなかったんだから。放射性物質は。海に垂れ流しした段階でどう拡散するかもわからないし。」
A「そもそも放射線量じゃないんだよ。放射線量ではなく放射性物質が今どこにどれだけあるのか、これを綿密に調べるしかない。まずは調べること。」
C「風評って言っても、消費者が悪いなんて言ってたら、強制でもさせるのかって話になるだけ。ここは安全と思っている人が買い支えるしかないだろう。まずはそれ。でも最終的には補償するべきものだろうね」
A「海に流すのも海流だなんだって、また科学的な物言いをする連中が出てくるんだけど、これもおかしい。あのね、簡単に言っちゃえば自然なんて常に想定外なんだよ。そもそも自然を管理とか予測とかできるって未だに思っている連中がいることが驚き。」
B「結局、当初は海に放出しても問題ないってところが、コウナゴに出て、次は海流でってどんどん退路というか後ろに下がっていますからね。」
C「もちろん、予測できないから何もしないとかではないんだけど、あまりにBプランがなさすぎてね。海に放出しても問題ないって言うのはなんか根拠があって言っているんだろうからいいんだけど、もしそうじゃなかったらっていうところのプランがなさすぎる。」
A「最後は放出しちゃったんだもんしょうがないじゃん的なところですよね」
B「そうそうこういった連中が今の若い世代を揶揄したりできないよね。あまりに無責任なんだもん。」
C「そもそもスリーマイルだって収束自体は早かったけど、福島はそこまでもいっていない。で、スリーマイルのその後のことを考えると、学校出てある会社に就職して、そこでの仕事として福島の廃炉だけではなく核物質の処理などをおこなう。で、定年になるころにやっと終わりになった、というような世界観が想像できるかなあ。漫画家はそういうのすぐ描けそうだけど。」
B「大変だよね。若い世代は。国や自治体の借金も放射性物質も引き継ぐんだから。」

C「都知事が石原慎太郎ってのも、まさしくその象徴だよね。彼は日本の一時期の象徴なんだよ。戦後の苦しさから若者が遊べるような環境になるまで経済成長して、その後保守的な立場になる既得権を広げつつ若者を揶揄する。これって世間知らずな平和ボケという言葉が一番ピンとくる世代が一番選挙に行っているということといみじくもリンクしているんだよね」
A「自分の育った時代、環境というのは大きいですからね。日本は朝鮮戦争の特需で経済が復興して米ソの対立バランスがある中で日本語だけで生活ができる市場が、ある程度あったということだけでしょ?」
C「そうなんだよ。例えば日本人が2000万人程度しかいなかったとしたら、日本語だけで文壇、論壇って無理があるよね。東京裁判史観だって東京裁判を否定するというような形でもって戦争を語るというのも、あえて日本人しか読まないという井の中の蛙だから言えたりするという点だってあるわけだよ。もっと言えば早めに先進国の仲間入りができたからアジアで何言われようとも経済的に怖くないという驕りもあったんだと思う」
B「それってある意味1925年生まれの三島由紀夫は持っているんだけど1932年生まれの石原慎太郎は持っていない何かですよね?若い世代からみたら歳とってるし、勇ましいこというんだけど、終戦時に20歳の三島由紀夫と13歳の石原慎太郎では明らかに何かが違うよね。」
A「そうそう。客観的に次の時代を考えると、本や雑誌が売れていないという以前に日本語で書いたものだけで食っていけるという環境は狭まってくるに決まっているわけだ。それって記者クラブの問題にも似ているんだけど、そうなってくると世界標準で物事を書いたり言ったりしないと難しくなってくる。なにせお金はアジアの連中のほうが持っている時代になるわけだし。言葉も同様でね。」
B「だから、若い世代でも英語とかできない連中は攘夷みたいなことを言い出しているわけだ」
A「そうそう、でもその攘夷的な若い世代の叫び声って、やはり国家に自己を投影して、なんとかモチベートしているという いわゆるリア充ではない連中の悲しい叫び声でしかなくなってしまう。そりゃオッサンはいいよね、もう後は死ぬだけだもん。」
B「いや、オッサン連中世代の陰謀なんじゃないの?若い世代がどんどん外国語を覚えてもらったら困る。だからまずは非正規社員で不安定な生活にさせて、勉強はさせない、生活に余裕はもたせない。そうすればオッサン世代は安住。で、あえてネットや論壇で保守的なことを書いて若いそういった世代の心を満足させるという」
C「陰謀論は嫌いだけど、おもしろいね」

B「さっき官僚の短期的なって話だけどね、城山三郎の「官僚たちの夏」読んでも、結果的に理想の国家論というより、やはり都度ベースの国民のためという視点、あるいは国のためという視点でしか官僚って持ち得ていないんだなって思うんですよね。もちろん今の連中より数段も格上の気がするけど、それは時代自身のもっている価値観というものに乗っている点も考慮しないといけないし。」
A「お役所で原子力なんたらなんてものを作ったら それを守る方向に進んでしまうのが現場の考えってのも彼らには強い。一度作ったら壊さないように動く。だから既得権益ができる。天下りもする。そのサイクルは壊れない。当初は清廉な思想でできても、組織はだめになる。それをチェックするのが国民なんだけどね」
C「国民というか国民が選んだ政治家」
B「民主主義も基本的には組織をどうするか、という点で3権分立なんてホントに実現できているのはアメリカだけで、日本のような狭い環境では、むつかしいよね。特に閨閥という言葉が妥当かどうかはわからないけど、世襲も多いし」
A「いずれにせよ、海外からしたらのんびりした国だなって思われるよね。これだけ地震が多い国で、結局管理なんてできていなかったということが判明したわけでしょ。原発に関しては。」
C「原発は事故の処理も遅々として進まない。なにせ1ヶ月たってもまだオープンエア原子炉だからね。汚染物質は空気も水も垂れ流しのようなもんだし。メルトダウンだってMOXも含めてどうなっているのかすらわからない。安全とばかり言っている」
A「古い原発を使い続けてきた。津波には対応出来ていなかった。揺れだけでも非常電源が止まっちゃう。本人たちは想定外って言って責任逃れ。だからなあ。」
C「東電の社員にはがっくりくるね。もっと誇りをもって仕事しているんだと思ってたら、マズイこというジャーナリストには間接的に圧力をかけたりするという。番組から広告を撤退させるとかね。それに負けるメディアもひどいけど、そんなことに気を回している社員がいるというレベルがとんでもない組織。ショッカーかよ、と。今は社員一丸となって現場を支援し、知恵を結集すべきでしょ。」
B「「沈まぬ太陽」で犠牲者の家族を分断工作したり補償をケチったり、っていうのと同様のことを考えているんじゃないのか。と。」
A「全社員が現場に行って防護服着てなんらかの作業を1日でもいいんでやるべきだろうに。」

C「なんだろうな、さっきIFはないって言ったから矛盾しているかもしれないんで恐縮なんだけどね、日本って地震国家じゃないですか、で、関東大震災が昼の12時ちょっと前にあったということもあってちょうど火を使っていたところが多いということで火事で大災害になったのと同様で阪神淡路大震災でも、あれより1,2時間遅かったらもっと大惨事になってたわけでしょ。(たしか阪神淡路大震災は朝の5時45分頃)もっと交通量の多い高速道路や通勤電車だったらどうなっていたかってこと。これって単純に運不運というか、今回の津波だって、もしかしたら東南海地震で起きたかもしれない。要するに地球というポイントから見れば太平洋プレートだなんだって言っても、要するに宮城県だ福島県だ静岡県だなんていうのは点でしかないし、また何年という規模だって言葉は悪いけど地球の長い年月から見たらくしゃみをいつするかというようなもの。つまり時間軸も場所もたまたまでしかないんだよね。例えば関東近辺だとショッピングモールなどでけっこうな被害があったところはあるよね。それって東北の津波や原発の事故で隠れているからわからないけど、じゃあ、あれが金曜日ではなく土曜日に起きていたら、死者は出てたでしょ。つまり、自然ってそういうもの、だから今回はたまたまこのレベルで済んだという視点で考えないといけないでしょ。その感覚、これがないから世界からますます不信になられちゃうんですよ。浜岡原発の訓練・・あれがどれだけ笑われているかわかってないんだろうね。もちろん真剣に取材して報道しているメディアももうグルだよね。」
A「東京に外資がアジア支局おかなくていいんだって口実をこっちからあげているんだよね」
B「敵に味方がバックパスみたいなもんか」
A「そうそう、国民がパニックになるとかではなく海外を沈めるにはどうしたらいいのか、ということが重要」
B「難しいと思うけどね、今 正直に出したら世界中パニックになるんじゃないの?」
C「うーーん。でも出したほうがいいだろー」
B「やはり隠蔽すると奇襲攻撃する国だって思われちゃうよ。」


C「在日特権を許さない市民の会が4月17日にデモするそうだけど、どういうデモかといえば日本の電力を守ろう! 原発の火を消させないデモ行進!! だって・・。基本的には反原発活動が左翼によるものだからということのようだけど、保守というより右翼の彼らから見たらほとんど誰もが左翼になっちゃう、という話は置いておくとしても、ちょっと考えてしまうな。」
B「ちょっと不思議だよね。」
C「ま、自分が努力しないで人様の揚げ足をとって特権だなんだっていう連中はどうでもいいんだけどね。不思議なことにこういう連中で自己責任って言葉を使う人多いよね。自分以外は何か利点があれば特権だって言ったり、ダメな人には自己責任って切り捨てるって伝統的日本人としてのメンタリティじゃないよね、そもそも。」
A「どうでもいいよ。」
スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 原発 放射線 放射性物質 放射能 東電 政府 安全 愛国心 国家財政 増税

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。