スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙だって言っても票を入れたい政党がないぞー

A「民主党政権はなんでダメだったのかねえ」
B「一つは官僚のサボタージュというか、情報コントロールとメディアの問題だろうねえ。もちろん震災ってのもあったと思うけど」
C「震災はあの時点、つまり安倍でも福田でも麻生でもまずかったでしょ」
B「確かにそれらの政権末期はまずかったかもしれないけど、それも何もIFだから、意味がないよ。
A「大手メディアは沖縄の基地問題についてあれだけ囲い込み取材で一言一言チェックして、まあ鳩山自身の問題もあるけど、日米外交でなおかつ安全保障に関わる問題をあんな囲いこみを日々することで、ああだこうだってできると本気で思ってたのかなと思うね。」
B「問題としては日米問題で首相が辞めたわけだからこれって、すごいことなんだよな。というか、海外でその国のトップに外交や安全保障について毎日あんな囲いこみなんてやるのかねえ。さすがにセンシティブだし、これって北朝鮮外交についても同様だけど、仮にどうこうしたいって思っても発表したら意味ないことだってあるだろうし」
A「役人はお手並み拝見で見ぬふりだけじゃなくて、作為的に情報をメディアにリークと。」
C「そもそも選挙結果は汚職云々というのもあるけど、すでに投票に行っている人の感覚は現状を変えよう、あるいは官僚改革ということを考えているんだけど、どうなっても動かないし、今後の政党も期待できるかといえば・・・」
A「そうなんだよな。どの政党に入れればいいやら。」

B「思うんだけどね、問題ってかなりあるわけよ。」
A「あるねえ」
B「たとえばね、誰もがわかっていると思うけど、集中豪雨、特に時間あたり100mmなんてあれは場所を選んでいるわけではないんですよ。つまり 今この周辺でそういう豪雨になってもおかしくないわけ。それで、いろいろ思っちゃうんだけどね」
A「どういうことかな」
B「いや、ちょっとでも山のところいくとさ、ここにそういう豪雨あったら崩れるだろうなあって、まあ自分は専門家ではないから何とも言えないんだけど、けっこうそういうところあるんだよね」
A「まあねえ。あるだろうねえ」
B「言いたいことは、狂牛病や鳥インフルエンザにしても原発事故にしても、当初は日本ではそういうことは起きないっていうことは 起きるじゃない。つまり、起きないということで対策も立てないということ、ではなく 起きるだろうと想定しておくということは重要なんじゃないかと。」
C「ああ、そういうことね。それって役人を始め関係者はバカじゃないから、うすうす実は個々の人は想像できているんだよね。でも集団になると打ち消しちゃうあるいは、個人的に想像は出来るけど調べたり、いろいろやると仕事が増えちゃうんで面倒くさいってことなんだろうねえ。」
B「たぶんそうだろう。素人の自分だって想像できちゃうんだから。でも想像できちゃうけど、じゃあエビデンスはって話になれば調査だなんだって仕事になっちゃう。だから起きない、ということにしたい。ってなっちゃうんだろうな。」
A「イジメ問題にも通じるね」
B「そうなんだよ。イジメがあると想定して考えるのではなく、イジメはないってしちゃったほうがいいんだよね。ワタミの会長がなんかイジメについて提言しているけどあれだけバカな提言はないわけで、そうではなく、イジメ問題だけではなく他の問題も想像できるようなことは起きるという前提で動くという姿勢が重要なんだけどねえ」
C「政策としてはちょっと抽象的だけど」
B「ああ、そうだねえ、体質の問題とかだからねえ。でも、こういうこと一つとっても重要なんだとおもうよ。もちろん今の政権にしろ、今の体制でいけば、それは特殊法人化して天下りに利用してってなるだけだからね」
A「そういう意味で言えば、もっと、いろいろ問題があるんじゃないのかなあ。」
B「そうだよ。ただ国土開発の名のもとに道路を作っていたのが、今は国体だからってスポーツ予算や環境問題で渋滞をなくせってことで道路作ったり、病院の前の道を広くするのは福祉でって 要するに名目はいろいろだけど道路をガンガン作ったりしようとしているでしょ。でも、単純に家をどんどん増築していけば広がった建物のあちこちの修繕費があとでかかるのは自明でしょ。だから道にしろなんにしろ今後作っていったらとんでもないことになるんだよ。というか、もっと根本的な問題があるんだよ」
A「というと」
B「日本には都市計画法とか建物立てるには建築基準法とかあるわけだけど、意味がないというか、おかしいと思わない?」
C「美しくない町並みというのはあるなあ。」
B「そうなんだよ。ただこれも政策としてはどうなんだろうけどね、美しいなんて主観だもんなあ」
A「確かにそうだけど、でも雑然としているよね」
B「雑然というのはそれはそれで味があるという見立てもあるんだけど、それ以上に思うのは 農地が宅地になったり、そもそも市街化区域ではなくて市街化調整地域で建物けっこうあるじゃない?いやね、農地が宅地になるのって厳しいようで要件が揃っちゃえばできちゃうでしょ。でもそれって自給率自給率って言っててどうなんだと。しかも田んぼなんてある意味環境問題としても効果があるとも言われているわけでしょ。」
C「そういう意味では、そうなんだよね。雑然とかそれ以上に、おかしいんだよね。」
A「市街化調整というとインフラにしろなんにしろ税金もかかるわけだしねえ」
B「そもそも農業できなくなったら、まずその土地で農業したい人を公募するような仕組みが重要じゃないのかとも思うよ」
C「そういう意味で言えば、もっと大きな視点だけど、というかオカルトではないけど、もう少し風水とか都市計画に活かすということもあるんじゃないかなあ。アジアの各都市なんてほとんど大きな開発などは風水は利用されているでしょ。オカルトというのではなくある種の地理学のようなもので」
A「政策には難しい話だけどねえ。ただ真偽はともかく東京の湾岸をウォーターフロント開発しだしてから東京というか日本の経済の地盤沈下が始まったなんて意見もあるしねえ。ほら海からの風を高層ビルいっぱい作って流れを悪くしたみたいな、ね。オカルトって言えば近代化の中でそういう扱いはあるんだろうけど。でもアジア各国なんかは今でも生きているというか開発などに生かされているからねえ・・」

C「たとえば憲法や安全保障、領土問題とかだけじゃないじゃん、実際のところ、生活というかそれが重要だよね」
B「日本の既成政党はそこは勇ましく、実際の生活問題は具体論なしだからなあ。」
C「こうしたらどうかね。政府がおこなった予算をディスクローズするんだけど、たとえば ある予算を執行するのに、外注はどの会社をつかっていくらでやったと。で、そういう国家予算についてはその外注された企業もさらに外注させるなら企業名と金額を公表。つまりドリルダウンでどんどんわかる。個人名はまずいけど、そうしたらどうかね。」
B「そうだね。そうすれば丸なげして中抜きして消える税金がもっと監視できる。ま、国家機密レベルのものは30年後に公開するとして、それでもこれやれば次のとしの予算に対しもっと意見が出せるよね」
C「ITですぐできるだろうし、要するに日本の問題は税金が国民へのサービスに返る率が低すぎるんだよね。これが上がれば増税しなくてもサービスは上がるんだよ」

A「ところで、日本では寝ないで働けみたいなものを美徳とするんだけど、コンビニなんて24時間やっているから生産性が低いんだよね。日本全国のコンビニにしろなんにしろ休日なり時間なり規制すれば一気に生産性が上がるんだよね。だらだら寝ずにやってれば売れるだろうという間延びした経済なんだよ。精神力でしかない」
B「そう。それを公務員に求めたりしているんだけど、それって発想がブラックなんだよ。だから民が思う公に対する考えってすべてが正しい訳っではないし、逆に言えばそこまで恨んでいるようなところもあるんだろうね」
C「いすれにせよ。暗澹たる感じだね。」

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【選挙だって言っても票】

A「民主党政権はなんでダメだったのかねえ」B「一つは官僚のサボタージュというか、情報コントロールとメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。