スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで民主党の代表候補は街頭で政策を述べないのか

A「しかし、なんで民主党の代表候補は街頭で政策を述べないのかね」
B「そうなんだよな。あの小泉がやったとき街頭に出たのは、結局国民すべてが自民党員ではないとはしても、国民に呼びかけることが結果として自民党内の選挙であっても重要だと思ったからだろう。」
C「もちろん劇場的シナリオもあったと思うけど、街頭でやるべきだよね」

A「政策をするにしてもこれだけ天災の多い国でも災害の引当金もほとんどないということもあるし、とにかく国にお金がないと。刷ればいいって言っても根本的な解決にはならないだろうに。」
B「少なくとも特別会計を一般会計に全部入れて、すべて国会で決められるようにするということが重要。その後、どうするかだよな」
C「子供手当とか国民への飴の前にやるべきことがあるわけだよ。例えば、日本の高齢者の中でも資産を貯め込んでいるのは多いわけで、そういったものが若年層のチャレンジつまり起業とかに繋がるような何か流れを作るべきだと思うよ。」

C「しかし、枝野が言っていたメルトダウンしてないとかって、当時実際のところは知ってたんだから、なんでメディアはつっこまないのかねえ。これって犯罪的行為だよね。ウソじゃん。」
A「なんなんだろうねえ。原発政策自体は自民党が長いことやってきたのは事実だけど、今回の事故での処理といっても最初の最初なんだよね。これがなんで誤ったのか」
B「もっとも放射性廃棄物など高濃度汚染物質も福島に置くと言うのが、仮に一時的だとしても、しょうがないんだろうけどね。」

スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。