スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ、合コン?

A「しかしさー、ひどいね。」
B「まあ、ツイートした法政大生がひどいけど、炎上させちゃうネットもなー」
C「選手ってサッカーだけであとは極悪な犯罪者じゃなければプライベートなんてなんでもええじゃんって思うんだが、やっぱし自分の何かと同一視している奴は淑女でも求めているのかね」
B「さらにメディアがね」
A「そうなんだよ。」
C「監督に「熊谷選手が監督批判しました」って聞いちゃうっていうセンスね」
A「そうそう」
B「内紛を作りたいのかね、そもそも」
C「結局政治とか芸能界の争いみたいなものしか頭の中に浮かばないんじゃないの?」
A「これで五輪予選に影響が出たらどうするんだと」
C「まあ、ひどいよ、メディアは」
スポンサーサイト

テーマ : スポーツニュース - ジャンル : ニュース

なでしこ、原発

A「なでしこのW杯制覇はすごかったね」
B「延長戦の序盤はちんたらやってPK狙いかと観客もブーイング出てたけど当然日本のメディアは不利な話は無視してたな。生島さんはラジオでさらっと言ってたけどな。」
A「とにもかくにも、やはり世界ランク4位くらいだと優勝する可能性があると言うことだよね。」
B「そうだね。」

B「まあ、いくつかいろんな点が浮き彫りになるんだけどね。」
A「たとえば」
B「サッカーだけをとってみても、結局点も取れるボランチという澤と攻撃的でよく走る宮間、こういうタイプのMF二人いるチームは日本らしさが出ていると思うけどね。かつてのU17男子の財前、中田とかユースの中村、大野とか小野、小笠原とか。ボランチかどうかはさておき、MFの2人がいいと日本らしさが出るね。」
C「それは日本だけではないかもよ。ジダンとジョルカエフみたいなもんでしょ」
B「そうだね。」

B「まあ、サッカーそのものというより、日本での大騒ぎだけど、あいもかわらずというか、変な話だよね。」
C「メディアが密着取材やら、サッカーというスポーツ以外のことばかり質問したり、なんか扱いも変だし、なんなんだろうね。」
A「正直いって、これはあくまで例だけど、なでしこジャパン、そう なでしこっていう言葉も変なんだけど、それはさておき、彼女らの恋愛話なんて聞きたくないし興味ないんだよな。」
B「恋愛話というのはあくまで例えだと思うけど、それ以外もそうだけど、ホントにそんなこと国民は知りたがっていて、それを報道しているという形なのかねえ。だとしたらこの国の国民ってなんなんだと。」
C「あとは、話題になったブログ お前は何もしてないだろうがでも書かれているけど、架空の国家像なのか、なんだかわからんが自分と同一視しちゃっている連中ね。」
B「このブログでも彼女たちを単に称えればいいって書いているのに頓珍漢なコメント書いている奴らがいるんだけど、とにかく彼女たちが頑張った、勝った。それはそれ。で、お前はどうなの?ってことなんだよね。要するに。」
C「これって実は内田樹も書いているけど「自分を高めるより相手を陥れる方がラク」という思想と同根なんだよね。要するに、自分は何にもしなくてもいいわけさ。相手の悪口言って、陥れる。こんなの大企業にはわんさかいます。実力主義になって、最初に何するかといえば、相手が落ちるのを黙ってみているわけですよ。というより落ちるように仕向ける。それの方がラクだからね。で、なでしこでも同一視させて自己満足に浸る、それはそれで、まあ勝手にやってくれって話だけど、根っこは同じで、自分は何にもしない。まあ、いいわけがましく、なでしこの応援をすることでお金が彼女たちにまわるとか そんなこと言うけど、そんなの言い訳だよな。」
A「愛国心を否定するわけではないけど、この国ってなんだよってことだよね。いまだに政府=国というより自民党政権=国って思っている連中もネットにも多いでしょ。あ、そんな書き方は彼らはしないけどね、でも突き詰めればそういうことじゃんみたいなさ。だから今は売国奴が政府を乗っ取っているなんて書き方するわけでしょ。そこには彼らは自分勝手に理想の国を自分の頭んなかに作っちゃって、それに反しているからってわけで、これって批判や批評ならいいけど、左翼だ売国だなんて言ったら もうそれって否定でしかないから、どんだけ狭量な国民だよと。」

B「まあ、話がちょっとそれちゃったけど、なでしこがリーグとして人気がないのは、今回優勝するようなことがなかったからではなく、その前もランキング4位だから 強い弱いで言えば強かったわけで、強くても国内のリーグは盛り上がらないわけよ。それって男子のサッカーも同様で、W杯に出るのは女子よりキツイけど、それでなんとか出たって、国内リーグはそんなに盛り上がらない。これはサッカー以外も同じでしょ。」
A「お金の問題という意味かな」
B「もちろんお金の問題として、2つあって国のスポーツ予算ってのもあるわけだけど、これはほとんどがくだらない施設というハコものに消えちゃっているわけだ。2万人収容レベルの屋根付きサッカー専用競技場をあっちこっちに作った方がまだマシなのにね。ま、ともかく日本の国家としてのスポーツ予算はけっこうあるわけですよ。でもハコモノに消えちゃっているわけで、事業仕訳も政権交代もそこまでメスは入れていない。という問題と もう一個は根が深いんだけど、結局日本代表の試合だけ、しかもオリンピックとW杯だけ盛り上がればいいという、これは陸上でも水泳でもそうなんだけど、その国民性があるからと言えるよね。」
A「愛国心」
C「愛国心かどうかではなく、郷土愛という土台のない中での愛国心だから、腰がしっかりしていないともいえる。とにかく、郷土愛があってそこからでしょ、愛国心は。でもそれがほとんど地元に根付かないという仕組みがおかしいんじゃないの」
B「こういうことか。要するに地元のスポーツチームを地元が応援すれば資金的にも、まあなでしこだけではないけど、盛り上がるはずだしということだよね。」
C「そういうこと。」

A「しかし、不思議だよね。原発の事故を起こしたこの国という当事国民意識は誰もないじゃん。いまだに原発賛成、電気なくなるなんて言っている連中も多いぞ。自民党も原発推進姿勢は変えないわけだし。」
B「事故を起してしまった国民は、東電と政府にだまされたという立場だからね。これこそ同一視すべきだよな。どんだけ調子のいい国民だよ。事故は一部の者のせい、W杯優勝はみんなのおかげって。」
C「腰がしっかりしていない愛国心だからね」
B「んだから、結局 君が代日の丸に問題がいくんだよ。これが悪いとかではなく、単純に市立の小学校は市の旗と市の歌、県立は県の旗と県の歌をまずうたうべきなんじゃないか?校歌は歌うわけでそれって同窓会でも歌えるように郷土愛というか同校の愛が出るわけって思うなら、そうすべきなんじゃないのかね。」
A「でも放射能にかなりおかされているところにでも住み続けたいという郷土愛もあるよね」
C「老人は住み慣れた所にいたいという保守性なんだろうけど、こんな保守性をもった老人に 今の若いやつは守りに入っているなんて言ってほしくないね、というのは さておき、はっきりいって以前から書いているけど集団で疎開というか 福島県解散みたいになったら 知事や県庁、市長の議員、役所、それでメシ食っている人が損するからってなだけでしょ。解散したら必要なくなる存在なんだから。居続けるようにもっていくよね。国会議員だって選挙区なくなるし、官僚だって天下り関係でなんか損するんでしょう。要するに、今もし、なにか決めることができるとしたらこの国では天皇しかないんだろうね。GHQが仮にあっても放射能にさらされた人体の実験結果も知りたいから住まわせようとするだろうし」
A「そんなん愛国心じゃないじゃん」
C「そうなんだよ。」


テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

セシウム検出牛 10都道府県に

B「わかってたことだよなあ。牛がかわいそうって避難住民を含む福島の畜産業者の叫びってメディアでよく取り上げてたけど、その牛だってペットじゃないわけだからさ。そりゃ、死なさないようにエサ食わせるってことは、最終的に出荷させるってことだから、実際は悪質なんだよね。」
C「メディアは餓死させてかわいそうだとか、畜産農家の叫びみたいな報道の仕方しかしてこなかったけど、その結果が、結局、消費者というか国民にツケをまわすってことだからな。」
B「以前もここで話しているけど、産地偽装だとかもあるんじゃないの?出荷しちゃえ~なんて千葉でもあったし、もうメチャクチャでしょ。」
C「ちょっと整理したいんだが、まず、放射性物質のレベルが低いものは出荷基準内だから健康に影響があるかないかという話もあるんだけど、ま、100歩ゆずって、健康に影響がないと。でも、こういった基準を超えたものがなぜか出荷されているというのが後を絶たない。ってなると風評、風評って騒いでいる農家や畜産業者の人の行動そのものが風評を呼んでいるんだよな。」
A「ここで言っておきたいのは、被害にあった農家や畜産業者や漁業関係者はあくまで、被害者だってこと。ところが、これが加害者になることがあると。あくまで彼らは東電や政府の被害者なんだよ。でも、出荷させちゃったりすると、もう加害者ですよ。しかも確信犯。」
B「農水省はわかってるんだと思うけどね。」
A「というと。」
B「こういうことでしょう。もう戦後教育が、とかそういうことではないんだよ。拝金主義というか経済的観点だなんてカッコイイ言葉に置き換わっているけど、カネですよ。カネ。みんな」
A「お金?」
C「そう。農水省をはじめとする農家や畜産、漁業関係者と流通は密接にからんでいて、要するにお店にモノが並んでいないのはダメという発想なんだよ。これは政府も買い占め事件以降 そう考えているんだろうけど、要するに汚染されたモノでもスーパーの棚にモノが並んでいないとパニックになるぞと。これは消費者も悪いのかもしれないが。そういう意味での安全基準だから、安全基準の基準は出荷量が極端に減らないようにという配慮がされている以上、実際は危険な可能性があるんだよ。それでも基準を超えちゃうものを出荷させちゃうんだから風評どころじゃない。」
A「発想がみんな同じだよね」
B「さっきも言ったけどカネなんだよ。原発立地県の県知事や町長なんて、原発の交付金は一切払いませんって言ったら、それでも稼働させましょう。安全ですなんて言うかね?彼らはお金しかないんだよ。安全って言っているのは、もちろん安全も気になっているけど2番目でしょ。その証拠に交付金は払わないよって言ってやればいいんだ。それでも安全だけで稼働させるって言うかね?交付金が欲しいんだよ。つまりカネでしょ。」
C「そもそも国策の原発政策を上場会社が運営してきたというのもそうだよね。」
B「前回も言ったけど、上場企業なんて利潤追求が基本だからね。それを悪いことだと思わないよ。でも、そういう会社が原発を運営すると、結果的にコストの方が安全より重視されちゃうんだよね。」
A「もともと、原発ってそんなにハイテクなの?」
C「ハイテクどころか、単純な仕組みなんだよ。要するに熱を作る。その熱でお湯を沸かす。お湯の湯気でタービンを回して電気を作る。それだけなんだよ。だから配管が重要な要素になるけど、化学工場の配管の方が優れているって言われているし、配管技術がそれほど高いわけではない。っていうか配管にそこまでコストかけないでしょ。利潤追求だから。もちろんホントやコストかけるべきだけどね。でもやっていない。で、熱を核分裂でおこなっているっていうだけのことだよね」
A「核兵器を持てるようにという野望があるからって言うじゃん」
C「あのね、核拡散条約から脱退なんてできるほど、この国の外交能力はないし、核兵器なんてものは国内の右翼連中が「夢」を言っているようなもんだよ。豊田有恒だったかのようなもし日米の戦争で勝っていたらとかいう「夢」だよ。あ、そういえな豊田有恒って原発推進派というか原発反対派を攻撃するのが好きな人だったな。ま、それはそれとして、とにかく「夢」なんだよ。で、仮に核兵器を作るにしても核兵器がどれだけ作れるほどプルトニウム持っているというのさ。もうメチャクチャ持っているんだよ。北朝鮮で大騒ぎしているような保有量じゃないからさ。もういいでしょ(笑)」
A「とにかくそこまで熱を危険な核分裂で作らなくていいと。」
B「鉄腕アトムだって蒸気で動いているのかね?」
C「知らないけど、原子力って一言で言うけど、所詮、お湯沸かしてそれでタービンを回して電気にするからモーターなどを駆動できるだけで、お湯の力でステアリングを動かすようにすればそれはそれで蒸気機関車と同じだし、要するに、原子力って言っても原子力電池じゃない以上は、そんなに超未来の科学でもなんでもないんだよ。石炭でも石油でもガスでも同じなのよ。その原理は。核廃棄物を作るだけ原子力はやっかいだし、爆発したりメルトダウンとか、やっかいだよね。元栓締めて水かければしばらくすれば収束するってものではないから。」
B「いずれにせよ。経済産業省も天下り先を考えてのカネ。地方自治体もカネ。電力会社もカネ。被害者だった農家や畜産業者も基準値を超えたものを出荷するのならカネ。停電が起きるから原発動かせってのもカネ。メディアもカネ。みんなカネだよね。しかも消費者や国民と言った顔が見えない多くの人たちから薄く巻きあげようとするという発想だよね。」
A「地方自治体の交付金がそれこそハコモノになったり、やけにきれいな道路になったりってなわけでしょ」
C「国民体育大会、つまり国体だって同じでしょ。あれで道路作ってハコもの作ってって、それが地元の土建業者にまわって、土建業者が推薦するのが政治家になってっていうスパイラル。日本のスポーツ関連予算は世界でも多い方なのに、その大半が国体用で、なおかつ道路だとかになっているって、そりゃあスポーツ選手がかわいそうだよ。それと同じでしょ、原発も。よく地方分権って言うけど、そんな連中に権力移譲したら 国民はもっと不幸になるよ。みんな政府のせいにしているけど、国の官僚や政府がマズイのはそうだけど、地方自治体のドロドロな世界に比べたら全然問題ないよ。地方自治体に移管するって、ある地方じゃ、ホントは反対なんだけど反対って言えないというような非民主的な地域がどれだけあるっていうのかわかっているのかね。ホントおかしな地域はけっこうあるんだよ。」

A「ところで50年前はもっと放射能で汚染されていたって週刊ポストが書いているけど、彼らってバカじゃないのかね?50年前に汚染されたからこそ、これだけ癌患者や白血病患者が多いんじゃないの?彼らって50年前これだけ汚染されていた。でも今こんなに「安全」だから、今回の事故も問題ないという発想でしょ。あまりにジャーナリズム的ではない発想の短絡さだよね。」
B「実際にどれだけの人の知り合いや親族に癌患者や白血病がいると思っているんだ。それもこれも遅効性だから因果関係ないって言いはっちゃうのが政府だとしても、それに輪をかけるメディアってなんなんだと。」
C「それは水俣病のときもそうだったでしょう。文春なんかのキャンペーンでも被害者である弱者を強欲だと言うイメージ付けを徹底させた時代もあったわけだし。もちろん強欲な人もいたんだろうけど、イメージ付けをしたあのころにネトウヨの素質を産み落としているんだよね。実は。弱者を誹謗するという。」
B「話がちょっとそれちゃったね。でも即効性のある毒は問題視するが遅効性の毒については因果関係がわかんないみたいな言い逃れってこの国の科学技術ってそんなレベルなのかよ、と。」
C「いや、実際は死亡原因がわからない遺体ってけっこうあるんだよね。その中では殺されているのもいるだろうけど、とにかくこの国は予算がないってことで死亡原因がわからないままっていう遺体がけっこうあるわけで、そういう意味で遅効性の毒なんてもう・・」
A「しかし、それってあんまりな話じゃないのかね」
C「もっと考えれば外部被ばくと内部被ばくでも同じ線量でも体への影響は違うんじゃないのかって考えている。でも誰もそれを言わないし、調べない。低線量でも内部被ばくは影響あるんじゃないかなあ。ちょっと気になるんだよ。さらに言えば、体ってのはバランスなんだと思うんだよね。この放射性物質の影響は実は少ないのかもしれない。しかしバランスがちょっと悪い方向にいくだけでどうなるかということだってあり得るでしょ。直接因果関係がどうのこうのというより。」
B「あと清掃工場の焼却した後の放射性物質もすごい量だよね」
A「実際はかなり汚染されているということだよね」
C「それでも週刊ポスト的には問題ないんだな(笑)」

テーマ : ほっとけない原発震災 - ジャンル : 政治・経済

原発政策は変わるか

A「これだけの事故を起しても、結局停電になるということを煽る報道と原発の再稼働への動きとか、他国の方がシビアに考えているのに当事国がこれってどういうことなのかね」
B「けっきょく、こういうことでしょう。電気代に特別会計に組み入れられる税金が乗ってても誰も反対しないから便利だし、その特別会計から出る天下り先を官僚は失いたくないし、そっから出る交付金やらで地方の政治家や役人が儲かるから吸血鬼じゃないけど、もうやめられないんだろうね。」
C「やはりメディアもおかしすぎるよな。要するに彼らからしたら何が正しいかではないんだよね。そうではなく、政府を批判するためにならなんでもやるというだけなんだよな。」
A「たとえば?」
C「地方自治体の長に対しては甘いよね。むしろ地方自治体の政府批判に乗っかっているわけでしょ。でもさ、玄海町の町長なんてどっぷり原発利権というか、カネでしょ。いや、こう言い変えたらどうかな。一切原発に対する交付金なんてもう出しません。ってなっても安全だからって稼働許可するのかね?」
A「安全というキーワードを持ち出している地方自治体の長の大半はカネってことだよね」
B「カネ、カネって言っても所詮他の町より立派で大きな施設ができるだけでしょ?結局土建というかゼネコンでハードを作るだけなんだよな。」
C「その地方自治体の長が政府批判をすると、それに乗っかるメディア。もうなんていうのかな、ジャーナリズムじゃないよね。これ。これで給料もらえるっていうこと自体すごいことだと思うんだ」
A「しかも高給でしょ」
C「結局ね、政府批判をして政局をかき回せば新聞が売れてTVで視聴率が取れるという判断なだけでしょ。愚民政策なのか、プロレス的というのか」
B「少なくとも、国策の原発を民間企業で、しかも株式の上場までさせている企業にまかせるということ自体失策でしょ。民間企業にしたらそりゃあ営利追求だよ。」
C「まあ、そうなんだけど、まずね、大きい会社が倒産した時に翌日からその企業の商品やサービスがなくなったりするか?大きい企業が倒産することはあるけど、突然電気が送電されなくなるなんて脅し自体ウソだよ。そもそも上場させるなんてどういうことだと」
A「不思議なのは原発政策は自民党の政策であったわけで、それを民主党が守るっていう意味がわからない」
B「結局同じむじななんだよな。政策ではなく政局なんだよ」
C「上場という意味で言えば民放もそうだよな。営利追求イコール視聴率重視と広告主重視。これが政治の報道をゆがめているし、なおかつ国民をバカにしているってことだ。」
A「なるほど。自作自演みたいな報道も多いしね」
B「はっきりいって全部解体させなきゃだめだ。GHQが必要だ。」
C「たとえばさ、原発を稼働させたとしても、核廃棄物、これもレトリックというか言葉の使い方で電力会社も政府もメディアも国民に誤解を生ませているんだけどね、使用済み核燃料なんて言葉を使ってさ。で、これが冷やすプールだけとってもあとわずかしかないんだよな。そこから単純計算して、あとどれだけ稼働できるかって、せいぜい6年程度でしょ?この6年は原発の廃炉と新エネルギーへの投資をきちんとおこなう政策にしないとホントあっという間に来るぞ、6年なんて。」


まんが原発列島まんが原発列島
(2011/04)
柴野 徹夫、安斎 育郎 他

商品詳細を見る


『諸君!』『正論』の研究――保守言論はどう変容してきたか『諸君!』『正論』の研究――保守言論はどう変容してきたか
(2011/06/29)
上丸 洋一

商品詳細を見る

テーマ : ほっとけない原発震災 - ジャンル : 政治・経済

忘れてはいけないんだけど

C「わかってると思うけど・・・」
B「なんだろ」
A「えーと・・」
C「インドネシアでの津波の大災害の時に、日本のメディアをはじめ世論・・まあ世論なんてもんがあるかといえば疑問だけど・・津波に警戒しなかった現地の人を 半分小馬鹿にしたようなところもあったんだよね」
B「心配したりいろいろあったけど、まあ小馬鹿というか、津波が来ても逃げない人々みたいなイメージで報道もされてたよね」
C「そう。ただ、、えーと、じゃあ日本では今回どうだった、ってことが言いたいわけじゃないんだ。」
A「っていうと」
C「要するに自然って、自然の脅威ってそういうもんなんだよ。ま、多少は警戒、予知なんかができたとしてもね。」
A「地震が多くない国では当然免震はないわけですよ。そういう地理的な問題以外での差って 実はあんまりないのかも」
B「そうだよね。実際に慣れているからといって、結果はこれだけの大災害になったわけだし」
A「だからこそ原発は危険だっていうんだけどね」
C「そうなんだよな。」

原子心母原子心母
(2000/08/30)
ピンク・フロイド

商品詳細を見る

テーマ : 震災救援・復興 - ジャンル : 政治・経済

原発事故って結局なんだったのか

A「結局、いまだに終息できていない原発事故なわけだが、どう思う?」
B「まず、事故は枝野が言ってた当初には実際には官邸はどうなっているか把握してたんだよね」
C「細かいベントをするとか云々ではなく、明らかにそうかどうかはともかく、メルトダウンの認識はあったんだろうね。」
A「どうしてああなったのかな」
B「国民のパニックを恐れた?」
C「違うな。すごく単純に言っちゃうと、要するに 官僚も政治家(といっても政府のね)がパニくったってことなんだと思うよ。彼らがパニくって何したらいいのかわからなくなっちゃったってことでしょ。周りの国民のためなんて言っているけど、そうじゃない。」
B「それだけかな。」
C「いや、それだけなんだけど、その後は悪意ある官僚などの思うがままでしょ。パニくった人なんてみんなそうだよ。」
A「悪意あるっていうと?」
C「そりゃ、災害補償に原発補償したら こうなりますよという財務官僚だろうねえ。」
B「日本が破産しますよという」
A「確かにその後の様子を見ると、結局なんでもやるようになっていくんだよね。だったら最初からやれよ、と。」
C「そうでしょ。それこそ、最初はやらないで済ませようと考えるのは財務官僚くらいの入れ知恵でしょうねえ。もう一つあるけど」
A「もう一つ?」
C「それは福島県だな。今回の問題の大半は福島県という県自体の動きがおかしい。いろいろ調べてみたら国ではなく福島県が指示していたとか、あるわけだよ。福島県が雇った学者がおかしいとか。つまり、これはわかるんだ。福島県を疎開なんてなったら福島県の県職員や県議会議員などはおまんま食いっぱぐれるわけだから。必死で抵抗するんだよ。いいかい?組織がなくなれば組織をたばねる存在なんて必要ないわけだよ。県がなくなれば?
A「県議会も県の役所も必要ない
C「そういうこと。だから県民のことなんてみるわけないんだよ。自分のことしかみてないんだよ」
B「そういう意味では地方分権するとろくでもない連中に権力と金を渡すということになるんだろうね」
A「国の官僚の方がましだからねえ」
C「もっとも東電はメルトダウンって認めたのはかなり後になってでしょ。国に報告しているのも、そんなやりとりだったんじゃないの?国からはメルトダウンしてるんだろ?て言われても東電が いやメルトダウンというのはしていません。と定義違いで 話が終わっちゃうと言う。こういうのはもっと国が問い詰めなきゃいけなかったんだろうけど、実は国の側の役人も議員も怖くて聞けないと言う状況。まさにハリーポッターでいうところの「あの人」ってやつだよ。ヴォルデモートの名前も言葉に出すのが恐ろしいってやつだ。」
B「それにしても、なんだろな、もっと冷徹に客観的に、こういった事故は事故として分析して人類の遺産にって思えないのかね」
A「冷徹にというのは科学的にデータをとるということですよね」
B「そう。意図は批判されるかもしれないが、少なくとも広島、長崎に終戦後すぐ米軍がデータ採取をおこなったようなもので、なんにもやらないというのは ちょっとおかしいんじゃないかと」
A「それこそ、作業員だって行方知れずの人もいるわけで・」
B「ヤのつく人たちに書き集められた人たちでしょうねえ」
A「そのあたりはタブーなんですかねえ、メディアでも出ないよね」
C「いっそ、そうなると、死人に口なしなんじゃないの?言い方は悪いけど、死んで何も語らないでほしいと。だから作業員にも内部情報語られるより、放射線大量にあびろと。」
A「え?昔の財宝を埋めるのに埋める人を殺すっていうやつ?」
C「いや、そうだと言っているわけではないんですが、そうとれちゃうよね」
B「とにかくデータ取りをすると記録が残る。記録が残ると・・・というバカなロジックなんだな。戦争が終結しそうになって記録を焼いたってのと同じだな」
A「まあ、自分のことしか考えてないんだろうね。結局。」
C「戦後教育なんて批判の対象になるけど、それ以前から この国の連中は自分のことしか考えてないんだよ。一部は違うにしても、それは今だって同じでしょ。国のためって言いながら実は自分のためというのを被せた人はもっと酷いよな。」
B「で、この事故から何を学ぶのかと」
A「原発を動かそうと・・・」
C「世界中の人間が呆れているという状態だよ」
B「だって電気がないんだもんという 子供レベルなんだよね」
C「困ったもんだよ。学ぶことすらしない。ってなるわけだから」
A「まあ、国民がトロいってことなんだろうけどねえ」


テーマ : ほっとけない原発震災 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。