スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質

C「花粉と同じって以前言ったよね」
B「放射性物質の件?」
C「そうそう」
B「日本原子力学会も、内部被ばくについて、似たようなこと言ってたね。」
C「うん、そうでしょ。」
B「結局、まず原子力発電所があんな状態だと。放射線が出てます、と。でも放射線って距離に応じてエネルギー量が落ちるから影響はないですよと。」
A「それが最初あたりの報道だったよね」
C「今回の件、煽るとか逆に安心じゃ、とかいろいろあるんだけど、報道のタイムラインをそろそろ巻き戻して もう一度見直したほうがいいよね」
B「というと?」
C「さっきも言ってたけど強い放射線が出ていれば、当然原子炉付近に近づいて復旧作業ができないということはあるにせよ、その放射線って東京での影響はないっていうことはまず最初の報道であったわけだ。」
B「うん、あの時思ったのは、仮に何かあっても東京には影響が殆ど無い位置にあの原子力発電所を作ったという、当初の連中の なんともいえない冷徹な感じにぞっとした人もいたよね」
C「ま、とにかく、放射線はそんなもんだよ、と。」
A「で、次に原子炉の上部付近が吹っ飛んだぞ、と。」
B「これも日本テレビ以外は爆発シーンは出さなかったよね、当日。」
A「そうそう、そういうこともあるよね、なんだか 以前の画像と比較して上部が剥き出しになっているように見えますなんてNHKのアナウンサーも言ってたけど、今となっては何に遠慮していたのかよくわからないよな。なんか奥歯に物のはさまったような言い方だった。」
C「いずれにせよ、あれは水素爆発であって、核爆発ではないんで安心してと、言われたと。」
B「そうでした。あれって水素爆発自体も水爆って言葉があるから、イメージ的には悪かったんだと思うけどね。いや、事実は事実としても。」
A「あの爆発で放射性物質が撒き散らされたわけだよね」
C「そうそう、それで花粉症、、というか 放射性物質が付いても洗い落とせばいい、というような外部被ばくの話になったわけだ。」
B「外部被ばくしないように肌をさらすな、とかだよね」
A「そう。で、既に君は花粉症の経験から吸い込んだり体内に入る内部被ばくだってゼロじゃないだろって言ってたよね。」
C「そういうこと。日本原子力学会でも できるだけ入れないようにするということで、外部被ばくの問題の時に、報道では問題にすべきだったのにね。」
A「あの時の報道は、一旦放射線の話は片付けて、放射線物質の外部被ばくについての対策とほぼ安全であるという言い方をして、反対に内部被ばくは危険という言い方だったと記憶している。」
C「そうそう。その当時から吸い込んだりして体内に入る危険だってあったんだけど、明らかに外部被ばくだけに絞って話していたね。もちろん全部の報道を見ているわけではないからなんとも言えないけど」
B「で、野菜とか牛乳とか水ってなったわけだ。」
A「そう、これで なんていうか、買いだめとかが出たわけです」
B「風評被害とは言っても、そりゃ心配している消費者に対して農家や畜産業者が怒ってもしょうがない話で、農家や畜産業者は被害者ではあるけど、消費者が加害者ではなく、あくまで東電が加害者だからねえ。」
C「しかも、安全であるという基準があるにせよ、今まで付いていなかったものっていうか放射性物質なんて眼に見えないものがついていたら怖がるのはわかるよね。」
A「風評というのであれば、まったく放射性物質がついていないんであれば たしかにとばっちりだし、風評被害だろうけど、いくらこればかりは 付いちゃっているものについては どう消費者が思うか、だからねえ。」
B「その内、産地偽装だ、基準値隠蔽だ、操作だってことはありえるって想像がつくじゃん。消費者も。」
C「その可能性だってあるだろうし、基準っていってもしょっちゅう変わることあるじゃん。だから消費者はすくむよね。安全だから消費者がおかしいって言っている人に限っていっぱい食べているかっていったらそこまではわかんないでしょ。勇ましいこと言われても、勇ましいこと言っているヤツはどうなんだって思うよね」
C「いずれにせよ、外部被ばくの時に内部被ばくの危険を言い過ぎたのと、実際にはその時点でも吸い込むとかいうことはあったわけで、それもほとんど言っていないということが今回影響しているんだと思うが。」
B「もちろん野菜なんかは洗えばある程度取れるんだけどね。」

A「でも前も言ったけど、全部健康に問題ないんだったら 今回の事故って大したことないってことか、っていうことですかね」
C「それは違うでしょうねえ。」
A「そもそも屋内退避ってなんだろうね。」
C「屋内退避を仮に言われたら、2,3日はなんとか食ったりできるわけですが、あとは全身放射性物質がつかないようにしてスーパーに買いに行く、という世界かな」
B「そう、ところがスーパーにモノがない、と。そりゃそうだよ。物流の人だって、それが仮に健康に直ちに(笑)影響がないとはいえ、なんで行かなきゃなんないのって思うでしょ。そもそもそんな高給もらってないよ、と。」
C「うん、だからさ 屋内退避って政府が言った時って、もちろん原子炉からの放射線の問題もあるんだろうけど、1週間で終わるようなイメージだったんだろうね」
A「そりゃ東電のデータだけで判断しているんだもん、無理でしょ。枝野さんも最初は寝ろとか、いろいろ支持があったけど、もう賞味期限切れでしょう。さすがに別系統で数字を集め、情報を集めて、大きな対策をたてないと、既に後手後手だからさ。しかも誰でも想像のつく将来像なんからさ。」
B「放射性物質も風の勢いもあるだろうし、雨もあるだろうし、そりゃわからないけど、いずれにせよ、屋内待機してても放射線だって10分の1になるだけで浴びるわけだし、どういう対策なんだと。」
A「もっとも10分の1っていっても木造とコンクリじゃ違うでしょうしねえ。それもわからないままだし。」
C「もともと米軍がヘルプしようとしたのを断ったのは、そりゃ各国ともこんな機会はないから、いろんなデータ取りがしたいからっていうのもあるんだよね。つまり助けるということもあるけど、あくまで国益のためってこと。だから断ったんだったらこの国の中でノウハウをため込むということでしょ。ところが、それを東電にやらせて、そこから情報を上にあげさせているんだもんなあ。」
B「東電なんて隠ぺい体質が染みついているんだから、無理でしょう」
A「もちろん、現場では一生懸命やっているし頑張ってほしい。しかし、なんで東京で会見する必要があるのかさっぱりわからない。いや、100歩ゆずって情報のスピード等が変わらないっていうのならわかる。しかしさー遅いしさ。だったら現場行けよ、と。」
C「いや、それ以上に、保安院とかが行くべきなんだよ。そりゃ事故を起こした本人にやらせるのはそれはそれでいいから、それを信用しない別部隊もないとさ。」
B「1本じゃないとどっちの情報を信じていいのかわからないっていうことではないかな」
C「いやいや、1つのルートしかないと それが隠ぺいしたりサボタージュしたらアウトじゃん。内緒でもいいからもう一つルート残しておかないと。現場だってビスケット2枚で頑張ってるんだよ。というか現場は関電工とか協力会社なんだろうけどね。もと言えばさっきの国家として他国の支援を得ないで何とかするのであれば自分たちでノウハウためないと。なんで東電がノウハウためるんだ?ってなるよね。」
B「ところで汚染された水と汚染された空気だったら水のほうが後々管理しやすいと思うけどね」
C「そうかもしれないね。でも、分離とかできないんじゃないのかなあ。どうなんだろう。というか、それすらできない段階でいろいろ先に進めちゃうなよな、と。核廃棄物だってどうするよ、こんなに増えて。」

B「これ、自民党政権だったらどうだったんだろう。」
A「うーーん、自民党政権というか、誰が首相だったらどうだったか、というところだろうけど。大きくは変わらないんじゃないかな。石破さんとかけっこうやってくれるような気がするけど、少なくとも上に上がってくる情報が隠蔽されたり、遅かったりするのは変わらないでしょう。」
C「たられば、なんて意味ないよ」

B「原発は必要だよね、という流れというか 巻き返しがすごいよね」
A「人呼んで ゴジラの逆襲でしょ? 一気にきているよね」
B「まず反原発派というレッテルを貼って、電気なしで生活してみろ、と罵声を浴びさせているというのがネットでの工作員かなんか知らないけど状況だよね。」
A「でも、東電の森とかいうアメフトの主将のブログも問題になったよね」
B「お前が言うなっていうレベルで炎上したんだけど、それ以上に気になるのは 石油、石炭は輸入に頼っているので原子力しかないんです的な書き方だったよね」
A「うん。」
C「でもさ、資源エネルギー庁のページ読むとさ、こう書いてあるよね。」

エネルギーを生み出すための資源は、原油、液化天然ガス、石炭などの化石資源や、原子力発電の燃料としてのウランなど、日本で供給されるエネルギーの約96%を海外から輸入しています。

A「そうそう、日本のエネルギー自給率は20%とイタリア、韓国と並んで非常に低いレベルだよね。で、原子力は燃料のウランを一度輸入すると数年間利用できることから自給エネルギーとしているんだよね。原子力を自給エネルギーに入れないと自給率は5%ともっと低くなるわけよ。」
B「だから石油なくなると掘削機もトラックも動かないから、ウランも無理っすよね ってことがわかんないんだねというより国力なくなったら買えないよね・・。」
C「いずれにせよ どういう次の社会を考えるかが重要で、原子力賛成、反対だけで終わるとね。」
A「もちろん今日地震が来ないから明日も来ないわけではないわけで、この段階で どこまで原子力発電所の安全性を高められているか、というところだろうけど、 それでも 今の日本で 正直なところ10基程度で充分すぎるんじゃないの?」
C「いや、そんなこと言ったら、そもそもオール電化とか電気を使うように使うように持っていったわけですよ、東電は。もちろん営利企業だからなんだけど。で、原価は安い原子力発電にすればどんどん儲かると考えたんでしょう」
B「でも原子力って事故だけではなく 安全対策も、それから廃炉にすることもカネかかるんでしょ?安くないんでしょ」
A「そんなの計算に入れてないんでしょ。そもそも電気代の中に特別会計のように原子力を作るための地元に還元させる税金が入っているんだから」
C「確かに 安全対策もコストを考えてあえて やらなかったというニュースも出ているしね」
B「原発反対なら電気使うなって言われれば 原発賛成ならお前んちのとなりに作れって言い返されるだけだしね(笑)」
A「とにかく次の一歩が重要だよね。」
C「もともと、火が暖をとる、料理を作る、照明だったんだけど、それが産業革命で火で蒸気を出して動力とした、と。電気は当初動力と照明だったけど、料理を作るとか暖をとるところまで進出してきたと。」
B「テレビ、電子レンジ、エアコン、パソコン、電話、ゲーム 電気だよね」
A「どう生活を変えるのか、エネルギーを変えるのか」
C「電気を溜めることがもっとできればいいんだがね」


A「ところで舞浜とか浦安の話はともかく、ららぽーと横浜の映画館の天井落ちとかココストアだっけ?の駐車場の入口落下とかラゾーナ川崎も何かあったっけ?これって安普請も影響してるんじゃないの?」
B「ありえるよな。どこまで想定して、どうコストをかけてきたのかってことだよな。説明責任あるだろうけど震災って東北か原発問題で消えちゃっているのをいいことに黙って地震のせいにしているとしたらとんでもない話だよね。事実が知りたいね。」
C「あとさ、X線っていうかCT1回分とかレントゲン一回分とかいうのって 今じゃもう ビタミンCレモン何個分とか東京ドーム何個分の土地みたいな表現と同じくなっちゃったわけだけどさ、X線ってあくまで放射性物質から出しているわけではないよね。もちろん医療被ばくっていう言葉もあるように 使い方を気を付けないといけないんだろうけど、今じゃどの食品会社でもX線で異物とか検査しているよね。あの比較は問題があると思うんだが。」
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 原発 放射線 放射性物質 放射能 東電 政府 安全 愛国心 国家財政 増税

ゾンビ企業

A「野菜の放射法汚染は放射性物質が野菜の外側についただけだったみたいだね」
B「それはいいニュースだね」
A「だから洗い流せばかなりヨウ素とか落ちるみたいよ。」
B「なるほど」
C「もちろん土壌汚染と洗った水が汚染されるけどね」
B「牛乳は・・」
A「やはり牛の体内に入っちゃっているんだろうね。せめて飲み水を気をつけて餌を水洗いしていれば助かったかもしれないね。」
B「そうは言われても情報や指示が出ないし、そもそも餌って洗えるのか?」
C「海洋汚染というか、海産物はどうなんだろうね」
A「アンコウ鍋が・・」
C「どうなんだろうね」
A「アンキモが・・」
B「うーーん・・・」
C「しかし、なんかね、もちろん出荷制限やら水道水の飲むのを制限したりだとか、いろいろあるけどね、それ以上に、この地震での原発事故って当初の放射線問題、放射性物質が飛んで外部汚染問題、そして食物等の内部汚染問題とほとんどがね、健康に問題はありませんというレベルなんだよね。局地局地でそういうこと聞いちゃうと 結局トータルで考えると原発事故そのものが問題ないってことかい?って聞きたくなるよ。」
B「そうかな」
C「だって、局地戦じゃないけど、Aの問題は健康の被害はありません Bの問題は健康の被害はありません Cの問題は健康の被害はありませんってなったら 結果として 全体は問題ないってことになるよね」
B「うーーん」
C「いやもちろん原子炉の冷却問題とか、そういうのはあるし、今後土壌汚染や海水汚染などはどうなるか、わからない。でもね、パニックをおこさないためにそう言い続けているような気がするんだよね。」
A「まあ、煽っちゃいけないけどね。」
C「いや煽れって言っているんじゃなくて、パニックを起こさないようにってなると それってフィルターをかけて物事を伝えるということでしょ。」
A「出荷制限や飲料制限もあるんだけどね」
C「まあ、そうか」

B「ところで東電の社長や会長ってどうしているんでしょうかね」
A「不思議だよね。ほら政治も芸能もちょっと問題があるとすごいじゃない。記者が探し当てて、囲い込んでヤイノヤイノって。社会面関係もそうだよね、事件の加害者とか加害者かもしれない人とかに対してさ。それだけのパワーがあってもどの記者も捜そうとしたりしないのかね。」
C「東電は大スポンサーだからかなあ」
A「えーーもう東電なんて賠償金とかで潰れるだけのダメ企業になる確率は高いじゃん。遠慮してどうするんだろ」
B「政府が圧力をかけているとか?あるいは東電かなあ」
C「正直、皇居の前で陛下に申し訳ないことをしたって切腹でもするのかと思ったよ」
A「そんなタマじゃないの」
B「なんだろうね?不思議だ」
C「まあ、さっきの話じゃないけど後始末でこんなにお金等がかかるなら やっぱし原発は厳しいね。とくに利益を追求するようなところがやっちゃいかんよ。」
B「やはり、卒原発ですか」
A「そうですね」


A「日本の復活はTPPを承認し消費税をあげて財政を再建しゾンビ企業を早くつぶし、非効率社員をどんどん解雇しやすいようにだって。」
C「まあ新自由主義というレッテルを貼るかどうかはともかく、そう呼ばれている人からそういった提案多いよね」
A「よく考えると矛盾点が多いんだよね」
C「そう?」
A「だってさ、ゾンビ企業って社員というより社長がバカな会社が多いんだよね。とにかく経営者じゃないんですよ」
B「経営者でない人が経営者としているという意味?」
A「そうそう。マネージメントもできない、コミュニケーション能力もない、大きな方向性も示せない、細かい指示もいきあたりばったり・・要するに経営者としてのセンスがない人がゾンビ企業の経営者ですよ。」
C「それは言えてる面もあるけど、そうじゃない場合もないかな。というか、なんていうのかな、ベンチャー企業とかで自分で立ち上げたんだけど、結局ベンチャーキャピタルから得た資金も使い果たしちゃってしまうようなタイプの人は当てはまっているような気がするね。」
A「そういった社長って結構特徴があって、他人のせいにする、その場限りの調子のいいことを言う という2つの特徴が大きいみたいよ。」
B「あ、そうなの?」
A「だから、これって よく考えたら分かるけど、どんどん味方を敵にしていくんだよね。そりゃその場で適当なこと言って言い逃れて、あとはそれがバレたら他人のせいって なったら敵増えるでしょ。」
B「ビジネスってもちろん儲けのためにやるんだけど、どんどん味方を増やしていかないとうまくいかないよね」
C「話が飛んだな、で?」
A「で、社員のクビきるのが経営者だってなったら そういった経営者が社員をクビにして自分は助かるというパターンもあるでしょう」
C「まあゾンビ企業だからつぶれるんだろうけど結果 延命しちゃうということか」
A「そういう意味。そういう意味」
C「大きな会社でもろくでもないのがあるし、日本は中小企業が(良い)という意見も一理あっても腐った経営者も多い。でも会社って手形とか出してたら不渡りでコケるんだけど、今って従業員にも客先にもお金を払わず延命しているバカ企業多いでしょ。経営者の考えていることは、従業員が自己都合で辞めてほしいことと、客先に何か言われたら言い逃れしたり、電話に出なかったりする、あげくのはてには辞めた従業員のせいにして請求書回ってきてないんですとか言うんだよね。」
B「言いそう。そんな日本人の恥というか人間のクズみたいなのがなんで経営者やってられるの?」
A「単純に自分で会社を作ったから、とか、あとは世襲とか。もちろん成功体験者も数名はいるかも、ただ一回の成功がビギナーズラックなんじゃないかな。だからそれ以上大きくできない。もともと成功なんてほとんどしていない人が多いんですよ」
B「そういえばヒドいのいたね。思い出した。とにかく何でも口頭で調子のいいことをいうんだけど仕様書とか発注書は絶対に出さない。で、ギリギリになって勝手に作らせて  気にらないと 発注してないからって逃げちゃうような経営者のいる会社がありましたね。」
C「犯罪というか詐欺集団じゃん。そんなの破防法適用だよ。法人格持たせちゃいけない」
「売掛金とかって信用をベースに今まで商慣習を守ってきたからできているわけじゃないですか。それを無視するのが法人っていうのはね、ひどいもんだ」
A「まあ、ベンチャー企業なんて社長の器以上に大きくならないからね」
「ベンチャーを起業するのが悪いんじゃなくて、撤退というか損切りができないんだよね。というか損切りができないからダメ経営者なんでしょうけど」
C「ま、解雇の自由化というよりゾンビ企業をどんどんつぶして起業を増やすしかないということか」
B「ところでTPPもさ、日本の農産物を海外にって、今はやばいよね」
A「そうだよな。どうするんだろ。」
C「そもそも以前からTPPって海外のものが安く入るじゃんって言うんだけど、海外のサービスも含めて日本のサラリーマンの所得も下がるだろうからさ。安く物が入ってきても買える人がいないなんてことになるんじゃないのって思ったんだけどね」

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 原発 放射線 放射性物質 放射能 東電 政府 安全 愛国心 国家財政 増税

新自由主義?

C「そりゃ、タテマエとホンネってどこの国もあるんだろうけど、日本はタテマエへの要求がかなり高いからね。」
B「ホンネが一番だと思うけどね」
A「まあ、ホンネはわかんないからな」
C「また清廉潔白であるというのがまず求められるし、世襲を是としている空気もある。だから、突然出てきた人は、タテマエ上は清廉潔白じゃなければ、すぐ叩かれる。世襲は名家というなんらかの担保がある場合は事件さえ起こさなければ陰で何やっていようが問題ない。」
A「まあ、あと保全できるとしたら海外の評価って奴かな。」
C「そうだな、ぽっと出であっても海外で評価されれば問題はない。」
B「でも海外でこんな事言われていますとか しばらくすると出るよね。」
C「そう。要するに嫉妬なんだよね。自分以外はイイ思いしてほしくないっていう嫉妬。」

B「今回の原発の件ってネトウヨって言われている人は反原発の人に「電気使うな」とか 猛烈な反応しているじゃないですか」
A「そうだよね、まあ、現政権批判と民主党批判は裏返すと自民党だって問題があったわけだから そんなの自民が悪い、民主が悪いなんていうのは不毛だけど、ネトウヨって言われている人は(全員ではないんでしょうけど)愛国心を謡いながら愛自民党心だったりするのは不思議だな。ま、そこはいいんだけどね、要するに、反原発という 日本では左派の行っているものへの嫌悪感というのが先立っているわけでしょうね
だから当然ながら原発安全性なんかには興味はないし、電気使うなって 要するに この国でてけ と同様だからね。」
B「でも推進しているなら、この体たらくはなんだって言われちゃいますよね
A「そこは、与党時代の自民党がやろうとしたのを野党が反対したからできなかった。住民運動でできなかった。今の政府が災害をおさえられない という 問題に矮小化しているんでしょう。でも、電気使うなっていうのなら、核廃棄物をお前の家で保管しろとか、原発の隣に住めっていう品のないやり方と どっちもどっちになっちゃうよね。
いずれにせよ彼らは推進派ではなくアンチ反原発であって、要するに労働運動、市民運動とかが嫌いなんだよ。なんでかはわからないんだけど、多分 意識が為政者になってるんだろうね。まあ、ネットの中のそんな小さいことはどうでもいいよ。」
C「愛国心というかこだわりたいのは、東国というのは あくまで西国史観って言ってもいいのかな、いわゆる阿倍比羅夫とか坂上田村麻呂から前九年の役とか敵味方はさりとて、命かけてきた場所だからね。最終的に精神としての引き継ぎでいえば、白虎隊までいくんだと思うんだけど、この国の東国を下げて見てきた負い目もオレは感じるけどね。
だからこそ、そういった東国と西国の融和を家康以降の平和と明治での天皇の下に国家統一ということを踏まえて今回の件は残念だ。陛下に謝るべきだと思うよ。なにせ国土を半減期レベルで1万年も危険なところを作ってしまったんだから。」

A「なんか話がズレちゃったけど」
B「清廉潔白なタテマエってのですね」
C「そうそう。それって 今の、というかもともと政権交代してから いや その前もだけど、非常に重要なファクターになっているよね」
B「タテマエが?」
C「いやタテマエかどうかなんてのは おいておいて、そんなのはテクニカルな問題で 誰もその人のホンネなんかわかんないんだから。それより清廉潔白というかさ」
A「ああ、そうか。清廉潔白じゃないといけないから、特に緊急時の政策なんか打ちにくいんだ」
C「そうなんだよ。だってさ、誰かに死ねって言う必要が出てくることもありえる状態でしょ?原発だけじゃなくても、こんな緊急事態は。でもそれを言うということはできないんだよ。汚いことは言えないんだよ」
B「仮に東電が いやーーバルブ閉め忘れていました とか 言えないってことですかね」
A「ちょっと違うけど、まあ それも言えないよな、というか言えないということは 言えない何かがあるわけで、それを言えないようにする何かもあるわけですよね」
C「そうそう。安倍政権とかさ、もちろん阿部さんは国民の世論だとかいろんな流れから想定して、この国の国民の愛国心は大きくなってきている。だから年金問題なんか、あ、お金のことなんかでギャーギャーいわないと踏んだから後手後手になったんだと思うよ。」
A「うん?」
C「安倍政権がぐらついた後、次から次へと閣僚の問題とか出たでしょ。あれなんか役人の抵抗なんだと思うよ。」
B「なんだなんだ」
C「まあ、素人の見立てだからなんだけど、安倍政権は年金問題がゴテゴテになったのは阿部さん自身が国民の愛国心からしてもそんなカネのことでイチイチ騒がないという無意識の思いがあったんでしょ。でも、もともと彼は小泉政権を引き継いでいるから、小泉政権に反対している役人連中は面白くない。で、結果的にサボタージュと記者クラブにリークして政権を潰したんではないかと。」
A「つながってないんでよくわからないけど、要するに年金問題は役人が仕掛けた1つの爆弾で、それを甘くみたためガタガタ来て あとはリークやサボタージュで潰されたと言えるって意味か?」
C「そんなところ。もともと新自由主義と阿部さんの好きな国家主義的保守主義とは相容れないものだから そこを突かれたんでしょう。もっともそれを甘くみたのがお坊ちゃんだからなんだろうけど。」
B「そうか、だからお坊ちゃんの鳩山政権も同様だったのか。」
A「まあ、確かに民主だ自民だという以前に、官僚をどうするか、という点では もう既に小泉政権時代から戦争は始まっていたのかもしれないですね。小泉政権がどうかっていうのはさておくとしても。」
C「今回の非常事態でも、官僚がサボタージュしたり ちょっと閣僚が何か言うと録音したりして、あ、そこまでしないかもしれないけど、知り合いの記者に流すというリークで世論を動かすというのは右翼、左翼とかそういうもの以前に 今のやっているしそれに振り回されているのが現政権だと思うよ。」
B「案外それでいいって思ったりして」
A「それもあるかもね。だってラクだもん。だから東電そして保安院あたりの役人に政権が振り回されちゃうわけだな」
C「そりゃ、情報は上がってこない、命令はサボタージュされる、あるいは清廉潔白さを求める国民の逆鱗に触れる様な発言が出たら記者にリークして流す というのを 実際にやられたらすべて官僚の手のひらの上になりますよ。小沢一郎だって100回も200回も小沢が悪いって報道されてるけど、ほとんどの人は一体彼は何が悪いのかわかっていないもんなあ。」
B「じゃあ いつかは首相を、とか政権をって思っている人は 実はポーズで言っているのかな。」
A「いやあ、官僚と組んでいくという人もいるだろうし、実際は今回の政権交代で 戦々恐々としてしているんじゃないの?オレならできるとまで思えるのならいいんですがね」
B「あるいは、今この瞬間 与党でなかったことに感謝しているとか」
C「ホンネは誰もわからないからな。そんなこと言ってたら不謹慎だって言ってくるかもしれないよ」

A「昨年、日本ではあんまり報道されなかったけど、メキシコ湾の石油流出事故あったじゃないですか」
B「ああ、ありましたね」
A「あれなんか、今回の何かに利用できなかったんですかね。」
B「というと?」
A「明らかに最初は1企業が事故って それをカヴァーしようとして なかなかできなくてオバマまで出てきちゃって どうのこうのって感じだったと記憶しているんだけどね」
C「そういう意味では東電に最初からやらせたのが失敗だったと?」
A「そういう面もあると思いますよ、もちろん 何回か津波などの指摘が国会などでもあったわけで、それを無視したのが1番の問題でしょうけど」
C「今回の処理だと 海水を入れるのを廃炉になっちゃうからって考え込んじゃったというのもあるよね」
A「1企業に任せるとそういうこともありえるじゃないですか。企業って経済的な合理性だけで判断しないですよね、実は。廃炉にしないことでもっと被害が拡大して損をするなんていうリスクは見ないで、廃炉にしないようにするにはどうするかってとこだけ考えちゃう。」
B「まあ、ねえ」
C「確かに政府というか役人と議員、は現状の対策だけでもきっちりやるべきだったよね」
B「選挙が多すぎるし、そもそも1票の格差も大きいし、議員は何かするってことが難しいのも事実ですよね。」
A「清廉潔白という意味で言えば清貧さも求められちゃうから、スタッフだって揃えられないし、選挙運動もある、大変だよね」
B「勇ましいこと言えばOKみたいなのも、実際にはあるじゃないですか。あれってメディアがあえてそういう人を求めてるんじゃないかと思うんですけどね」
C「メディアって ネットでいうところの釣りじゃないけど、 やはり売れてなんぼだから、過激な論調、とかありえるからかなあ」
A「まあメディアから出る情報は間違っちゃいないんだろうけどねえ。天気予報では今後放射線量とかセシウムだとか言うべきだと思うけど。」

B「難しいことじゃなくて、シンプルにルールをなんでも決めればいいだけだと思うんですけどね」
C「確かに」
B「ルールがいくつもあるじゃないですか。この人にはこれはアウト、でも別の人が同じ事してもなぜかスルーみたいなの」
C「そこにメディアとか 何かの 意図があるんだろうね。意図なんかないっていうのならルールは同じにすべきだよね」
B「名家とかだと何やってもいいけど、ぽっと出はダメとかさ」

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

Tag : 原発 放射線 放射性物質 放射能 東電 政府 安全 愛国心 国家財政 増税

原発事故だ

A「しかし風評を含め野菜からも放射性物質が出たことで今後どうなるのか」
B「そもそもわからないのは なんでホウレンソウと牛乳だけなんだってこと。キャベツとかはないのかね」
C「いや、確か、かき菜や菜の花もありましたよ」
B「そうか。しかし国の基準が暫定であれ、なんであれ、入っていたら消費者は敬遠する。もちろん出荷停止というのは逆に出荷開始をすることで安全宣言させられるという利点を考慮した上での策だろうね」
A「それで、ホウレンソウについて言えば、ホウレンソウの外に放射性物質がついているのか 土壌につきホウレンソウが吸ってホウレンソウの内部あるのか いまいちわからない。牛乳の場合でいえば牛に入っているということだろう。となれば牛の飲んでいる水かエサにあるわけだな。」
B「そんなの消えるのか」
C「もちろん体外へ排出されたり、半減期が来たりするするものもあるだろうけど、これって要するに、今後はないっていう前提だよね。今後は放射性物質放射線を出しているものを牛が取り入れないという前提でしかないよね」
B「なんかよくわからないな、放射線放射性物質とかさ」
C「単純に事故を起こした原子炉から出ている放射線は、原子炉に近ければ近いほど放射線が強い。だから消防署は自衛官についても被爆の恐れと闘いながら消火活動をしている。もちろん中にいる電力会社の社員や下請けの社員もだ。放射線は確かに1から4号炉から離れれば離れるほど弱くなる。だから原子炉から遠ければ遠いほどこれについてパニックになるようなものではない。再臨界は可能性としてだがありえないしも核爆発もしないからね。」
B「ってことは福島県のほうれん草も放射線を浴びたからなの?」
C「いや、そういうこともあるんだろうけど、そうではなく、水素爆発だ何だで放射性物資が(言葉は悪いが)撒き散らされて風に乗ったからじゃないのか」
A「だから、TVでも 今まで外部汚染は洗えばいいって言ってたわけだ。」
C「そう、付いた汚染物質は洗えば取れるからね」
A「ただ、もともと外部汚染は、内部汚染(体内汚染)じゃないんだから健康に影響しないって言いすぎたということもあるんじゃないの。こうなることはわかってたわけでしょ。よく考えれば。」
C「私は花粉症なんだけどね。」
「うん?」
C「花粉症だとね、この時期マスクしてメガネして、あと花粉症がもっと酷い人は帽子もかぶってコートも花粉防止スプレーしたりするんですよね」
A「それで?」
C「でも、結局花粉が体内に入らないことはないんですよ」
A「ああ、そういうことか。そう、体外と体内って明確に分けられるものではないのは事実だろうね。」
B「もともとの発表がひどかったのかな」
A「ここは難しい問題だよね。要するに 某首相がミゾウユウって言ってから未曾有って聞くたびにミゾウユウって思い出すんだけど、それはそれとして、文字通り未曾有の事態だから」
C「言い出しにくいね」
A「結果として、誰もが薄々わかってたことなんだとは思うよ。ごく一般的な市民ってやつ、というかそこらのオバチャンですら。ただ、見えるものしか見えてなかったというか、見なかったというか」
B「そうかもな」
C「原発が津波や大地震でどうかなっちゃうというのはもともと指摘されていたし、放射線やら放射能やら臨界やらって詳しい知識がない連中でも、なんかあったら 元には戻れない世界が来るのではって、みんな気がついていたと思うよ」
B「元の世界か」
C「そう。元の世界。時代が変わったというか、元の世界には戻れないというか。ただ横山光輝のマーズみたいに どっかーんで終わり、というイメージの方が強いのかもしれないから刹那的になっていたのかもしれないな。しかし、これはもうどうしようもない苦しい世界が来るということがなんとなくわかるわけで」
A「それを元の世界のルールでなおかつゴールの見通しがわからないまま政府もTVも情報を出そうとするから無理があるだろう。っていうか、危険だって言わなきゃいけない事態になっちゃったってことですよ。それをなんとかパニックにならないように取り繕ったりしているってことでは?」
C「いずれにせよ汚染物質が風に流されたときに、体についたのは取ればいい安心してとしたけど、洗い落とした物質が土壌についたり、そもそも水源にいったりすると 内部汚染につながるというのはわかってたと思うけどね。もちろん明確に体外と体内を分けられないということもあるんだろうけど。だから、ホウレンソウについた汚染物質なら洗えば取れるだろうけど、要するに土壌が汚染され、なおかつ水が汚染されたとなると・・・」
B「そういうことか」
C「そもそも汚染物質がついたと。で、洗う水道水が汚染すると どうすればいいのかとかね、将棋じゃないけど、次はどうなるか ってだいたいわかるでしょう。わかってても情報出せない、報道できないんじゃないの。」

A「事実のみを出すということの裏目でしょうけどね」
C「どういうこと」
A「いや、事実を出すのが政府や報道機関の務めってなってもね。もちろん事実を隠蔽したり、都合よく出したりとか今までいろいろ言われてきたけど、それ以上に困るのは 事実だからって点でしか発表しないんだよね。点だから、例えば1号炉がどうなりました。という それは事実なんだから伝えなければいけないんだろうけど、点だから、線にも面にもならないんですよ。それをメディアがやると思えば、なんだかわけわからない解説者が、結果的には点でしか説明しなかったりするからさ。それが記者クラブに守られてきたからかどうかはわからないけど。」
C「悪意もあるというか、パニックになられちゃ困るというのもあるのかもしれない。でもさー、ガンになる可能性が1%でも上がるということが今までガンになる可能性が0で、それが1%になったような報道の仕方は恣意的と言わざるを得ないよ。ガンになるって 今までメディアなどは 2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで死ぬって社会になるって言ってきていたのを忘れちゃっているのか、とぼけているのか、あるいは、それとこれが結びつかないのか。とにかく、今それぞれの個人はもともとゼロではないんだよね かなり高くなるんだよ。」
B「そういや、ガソリンがあれだけ行列になったといっても誰もポリタンクに余計に入れているわけではない。(そんなことは危険だし禁止だが)その前に報道していたガソリンの値段が中東の民主化問題でどんどん値段が上がっていったから買い惜しみしてたからなんだよね。逆にいえばニッチもサッチもいかない状況になればガソリンが高くても買うわけだ。供給の問題もあるけど、あれはもともと、ガソリンがどんどん値上がっていたからなんだよな、単なる買い占めとは違うと思うんだが」
A「買い占めで言えば、お金払えばどれだけでも買えちゃうというのあれば、それって略奪と結果的には考えが似ているね」

B「ところでさ、そうなるとガンになっても数年、十数年後ってなると 今までの原爆症の戦後補償や公害問題についても同様に 因果関係はないで逃げちゃうのかな」
C「可能性は高い。もちろんガンにならない方がいいに決まっている。しかしなってしまっても因果関係ないって切り捨てるとなるとこの国は誰の国だろうか。解説者や役人で安全って言っている人は子供や孫にも食べさせているのか。できるなら避けたいという庶民と同様なのではないのか。」 

B「海外だって、日本=安心じゃなくなってますよね」
A「そりゃ、最初の1日目の報道だと横浜のビルからモノが落下する下を逃げる人の映像とかが流れてたんで、でっかい地震なんだな。でも日本は地震国家だからどうなんだろう、ってなったら津波の恐ろしい映像が出て、海外的にも未曾有だなと、なった。それが、あの原子炉のどっかん映像で連続でしょ。あればっか報道されるわけですよ。911の時にビルに飛行機が突入する映像を毎日流されたらどう思いますか。」
C「あとは海外は風で飛んだ放射性物質を気にしているのと、日本にいる自国民、そして日本からの輸出品が気になっているわけだから、そこをどう情報を出していくかだろうけど」

B「もう、いろいろ予想はつくでしょう。食品について言えば、今後は産地偽装も含め出てくるだろう。あるいは二次加工したらもう放射性物質が入っていようがどうでもいいというような形になるかもしれない。」
A「生物濃縮もそうだし 10日間食べ続けても問題ないというけど 今後どうなるのか ほうれんそうだけではない場合 すべてのものが汚染されたらどうなるんだろうか それぞれがそれぞれ微量でも合計されたらどうなるのか」
C「例えば今日の値が1だとして、明日が2だとすると、1の時点で いろいろ報道している前提条件がパーになるよねえ。」
B「いっそ もう 数値を出さないとか」
A「悪質だな、あるいは数値を出しまくれば慣れるとか」
B「放射線量を出す。それはX線何回分ですって出す。それだけだもんね、結局。放射線って言ってもX線だけじゃないだろうし、じゃあX線を出す放射性物質を体に入れないでしょうし」

C「3号炉の燃料はMOXだし、4号炉の問題は核燃料ないしは核廃棄物なんだから、それについてもどうなんだろう」
B「パニックになるとか、もう東京事態が撤退とか そんなの嫌だから なんとかやるしかない、とか、ですかねえ取り繕うしかないからかもね。自分が政治家だったらどうかなあ。」
A「わからないなあ。今政治家、特に世襲政治家のご子息とかお孫さんってどうしているのかな?もう脱出してたりして。」

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

Tag : 原発 放射線 放射性物質 放射能 東電 政府 安全 愛国心 国家財政 増税

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。